JUNYA BLOG

Force Futsal Ise 10
クズは一生クズ
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | - | - |
    自動降格
    0
      最終節

      勝たないと自動降格とゆう状況になり、ほんまの崖っぷち。

      相手はリーグ優勝を決めて、全日本も全国を決めたデレヤオーネ岐阜。

      結果

      3対6負け

      自動降格決定。

      試合内容は先制され、追加点を奪われプラン通りにはならなかったけど、なんとか3対3になりそこから得点できず。
      逆にパワープレーを返され失点を重ねて終了。


      入替戦に繋げてなんとか残留したかったし、会場の大半がデレヤオーネ勝つやろと思っていたやろうから絶対勝って見返したかった。

      ほんま悔しい気持ちしかない。

      でもデレヤオーネに負けた悔しさはあったけど、降格したことへの気持ちは試合終了した時点でもう切り替えれていた。
      勝てば入替戦にはいけたけど、今季のリーグ戦を振り返れば妥当な結果であり、降格は受けとめるしかない。
      覚悟はできてたし、自分の中ではすぐに受け入れることができた。

      すべては自分達の責任。積み重ねてきたものが結果として出なかった。
      紙一重の部分もあるやろうけど、そこで何かが足りなかった。

      1部と2部で1年やることは違うし、また1部に上がるのは簡単なことではない。
      勝てなかった責任は自分にもあるし、次どーするか。

      結果だけを見ればここ3年は低迷してるし、成長できていないかもしれないと感じてしまう。

      そんなことはないんやろうけど、結果が出ないとゆうことは何かを変えないといけない。

      今後どんな体制になるかわからんし、とりあえず終わった時点で来季も続けると言ったメンバーは自分合わせて数名かな。

      全員残れば最高やけど、みんな色々事情もあると思うからやるかやらないかはよく考えて決断してほしい。


      今季1年もフットサルに対してはしっかり取り組めた。
      仕事で1ヶ月ほど練習に行けなかった時季はあったけど、個人ではトレーニングできたし問題はそこまでなかった。
      いつも家族は一番の支えであり、一緒に戦ってくれた。
      スポンサーとして支えてくれた方々にもこの結果は申し訳ない気持ちしかない。
      全国へ一緒に行きたかったし、良い結果を報告できないのは本当に残念。

      残された時間は少なくなってきてると思う。
      いつどうなるかは本当にわからんし、今こうやってフットサルに取り組めてることは幸せであり、それに協力してくれてる人たちには感謝しかない。

      結果としては残念やったけどフットサルは楽しいし、できるまで全力でやりたい。

      また、一から頑張ります!
      - | 18:45 | comments(0) | - | - | - |
      全日本東海大会
      0
        個人的には良い準備はできて挑めたと思う

        名古屋オーシャンズu21戦

        1対4負け

        全国への道は終わり。

        立ち上がりの失点、追加点を奪われ2失点。

        失点はもちろんあかんけど、取り返せるチャンスは全然あった。

        言い訳なしで結局こんなもん。

        最後決めてたらとかあのミスがなければとゆう思いもある。
        そう考えると勝てた試合やったと思う。でも練習や練習試合通りの事が試合では起きてたと思う。

        練習から同じようなミスやチャンスを活かせないことは多かった。
        その甘さが試合でも出た。

        練習からその甘さがダメやから厳しくと言われてたから、もちろんみんな分かってやってたと思うしそんな簡単にできたら苦労はない。

        あーすれば良かった、こーすれば良かったと思うし、それの繰り返し。

        リーグだけは絶対残留したい。
        チームの為に、自分の為に。
        前に進む為に。
        - | 08:37 | comments(0) | - | - | - |
        全日本優勝
        0
          全日本選手権準決勝

          対ヴェルデラッソ松阪

          4対2勝ち

          リーグのリベンジ、そしてここ何年かはこの準決勝で敗退しているので乗り越えたい壁。


          正直、内容よりも結果。
          全国へ行く為にここで負けるわけにはいかないし、次に繋げる為に絶対勝ちたかった。

          先制点、追加点と奪って前半で2対0。
          リードしててもここから逆転される展開は過去に何回もあったので気が緩むことはなかった。
          後半も追加点をとったけど、相手に1点返されると流れも相手に傾き1点差まで追い詰められた。
          審判の判定に左右されるところもあったけど、それもフットサルでその審判とのやりとりもうまくやらないとダメやし、そんなの関係ないくらいプレーで圧倒しないとな。
          やはり簡単には勝てないなぁと思いつつ、最後はほんま気持ちやった。
          みんなが体張って、走って追加点とって4対2で終了。

          久しぶりに勝てたし、乗り越えれた壁。
          でも終わってみんなが言ったのは、まだやぞ次も勝って優勝や。

          満足することなく、次の決勝を見てた。

          そして決勝。

          相手はギャング

          4対3勝ち

          東海大会への進出は決まっても、もう一度見たかった景色。
          やっぱり勝って終わるか、負けて終わるかは違うし優勝できて本当に嬉しかった。

          先制点をとったけど、逆転されてからは追う展開。
          でもプレーしてて追いつけるし、勝てるとなんか思ってたし最後も自分が点とって勝つ感覚はなんとなくあった。
          開幕前のデウソン戦の感覚に似てた。
          結果的に最後とったのは自分じゃなかったけど、相手がパワープレーしてきても凌げる自信はあったし久しぶりに良い感覚やった。

          この全日本でチームみんな成長できたと思うし、みんな自信もってプレーしてて本当に全員で戦えた。
          この大会で退団する選手、怪我で出れない選手の為に最高の結果で終わりたかった。
          出場できなかった選手、出場時間が少なかった選手それは仕方がないけどある。それでも腐らずやってくれたし、そーゆう姿勢はなかなかできることではないし、次は自分がとゆう気持ちでやってほしい。
          応援してくれたスポンサー、家族、アルーノメンバー、プレーしてて気持ちが良かったし凄く力になった。
          応援してもらってる以上ただ頑張ってるだけでは自分はダメやと思ってる。
          やはり結果が必要。

          なので今回の三重県大会に関しての結果は最高の結果やし本当に良かった。
          ただ目標は全国であり、まだ通過点。
          ここで気を緩めることなく、東海大会へ向けてしっかり準備したい。
          東海大会は年明けすぐ。
          この年末年始は色々とイベントもあると思うけどそこは各自で意識してやらないといけない。

          自分もここ1ヶ月チーム練習には行けずで自分でトレーニングはしたけど、正直この三重県大会は仲間に助けられた部分も多かった。
          でも結果として得点とれたことや絡めたことだけは良かった。
          こんな感じで迎えた全日本は初めてやったからこれはこれで良い経験として、東海大会まではどーなるかわからんけどしっかり準備して仕上げれるようにしたい。

          やはり点とった時、勝った時、優勝した時のあの一瞬は最高やし次は東海大会でまたあの感覚を味わいたい。

          まだまだここからやるで。
          - | 13:05 | comments(0) | - | - | - |
          全日本初戦
          0
            準々決勝

            対ヴェルデラッソセグンド

            11対1勝ち

            アルーノが負けた相手であり、しっかり勝ち切ることができて良かった。

            前半からしっかりプレスをかけて相手に何もさせず先制点、追加点を奪って前半で5対0。
            後半の立ち上がり相手も立て直してきてうまくいかない時間帯もあって1失点してしまったけど、その後は追加点を奪って最後はパワープレーでたたみかけて終了。

            守備も良かったし、そこからの攻撃もしっかり走れていて良かった。

            しかし、これからが乗り越えるべき壁。
            ここ何年かは準決勝敗退ばかり。
            相手はリーグ戦では負けたヴェルデラッソトップで借りを返すにはここしかない。

            まずはしっかり準決勝で勝つ為の準備をしたい。

            1失点は本当に無駄やった。
            後半からの出場で動きも固かった時にシンプルにしとけば良かったかもしれないけど、簡単に奪われてしまった。
            何を言っても言い訳にしかならんし、自分の準備、判断、技術の悪さ。

            後半だけの出場の理由は聞いてないけど、外から見ていてみんな頼もしかったしサテ戦も引き分けやったけどチームとして手応えを感じていたことに納得した部分もあった。
            そーゆう姿をみて自分もしっかりやらないといけないけど、次のことを考えていいのかなと思った。

            練習はやっぱ行かないとダメやなぁと感じたし、元々が下手やから継続してないとすぐにボロが出るんかな。
            一番大事な時に練習に行けやんし、ついてない。

            愚痴っても仕方がないし、自分でなにかできることはやって準決勝良い状態でむかえたい。


            この全日本選手権しかない。このチームでもうひと花咲かせて終われるようにみんなでやろう。
            - | 18:50 | comments(0) | - | - | - |
            全日本前
            0
              全日本選手権前のTRM

              相手はゼブラとナスパ

              ゼブラには2対3負け

              ナスパには5対0勝ち

              ゼブラ戦は失点の仕方がもったいないけど、そこには何か理由があって繰り返さないことが大事。
              相手はしっかりプレスをかけてきたからボールが相手の良い所にこぼれてきたと思うし、それが失点に繋がった。
              これが本番やったら内容的に悪くなくても負けは負け。

              下を向くことはないし、全日本前に良い教訓になったと思う。

              ナスパ戦は集中して守備できて良い形で点もとれた。やはり良い守備は良い攻撃に繋がるし、セットプレーからの得点も良かったし、最後までゴール前まで走るところをサボらず走れて最後のパスも通せて良かった。

              良かった所は忘れずまた本番でもできるようにしないといけない。

              個人的にもフォースでのプレーは久しぶりやったけど、問題なくできた。
              週3は1人でトレーニングしとるから大丈夫やと思ったけど、試合での動きやボールの感覚はやっぱり1人でやるのは難しい。
              ただ走るだけとは疲れ方も違うし、その不安はあったけどとりあえず大丈夫やったから練習には行けないけど、続けて頑張る。

              残念ながらアルーノは負けてしまったけど、相手も決まったし後は準備して、相手がどこでも自分たちの力を出し切り、全員で立ち向かうだけ。

              キャプテンの負傷が本当に残念やけど、その想いは全員がわかってると思うし今季一番フォースに対して熱い想いをもって取り組んでいた選手やと思う。
              シーズン途中、全日本前のタイミングで自分やったらメンタル的にやられると思うけど、腐らん姿はフォースへの想いや責任感を感じた。
              それを背負い、みんなが力に変えて戦うしかない。


              体調管理の徹底。
              怪我も病気もなりたくてなるわけではない。
              ただそうならないた為になにかできることはある。
              それでもなったら仕方ないけど。
              そーゆう所も取り組むべきところ。
              良い準備の為にやれることはやろう。
              - | 13:50 | comments(0) | - | - | - |
              バモ
              0
                8節

                対名古屋サテ

                4対4ドロー

                内容は聞いた感じやと防げた失点もあったみたいで。
                守備の時間は長くて、我慢してカウンターの形が多かったのかな。
                相手の速いプレスにもなかなか崩すことはできず押し込む時間も少なかったのかな。
                見てなくて聞いただけやからわからんけど、それでも引き分けたことは次に繋がると思う。今までなら負けていたかもしれないし、ここ最近の練習やTRMの成果は出てるんかな。

                自分は行けず フットサルより仕事をとった自分が嫌やった。
                仕方がないと言えばそれまでやけど、中途半端にやるならやらん方がいい。
                自分がやりたいフットサル。
                試合の為に練習をして準備してきたのに試合に行けない。
                練習もしばらく行けない。こんな環境ならやらんほうがいいと思ってしまったけど、この状況もプラスに考えて全日本に向けて取り組む。
                練習は行けやんけど、戻った時には期待に応えれるようにしよう。

                ただ1週間練習に行けなかっただけですごく嫌やった。
                毎週当たり前のようにみんなでボールを蹴ってたのが蹴れないことがこんなに苦痛とは。

                早くフットサルしたいし、練習に行きたい。
                大袈裟やけどボール蹴れることは幸せなことやと改めて感じたなぁ
                - | 22:39 | comments(0) | - | - | - |
                神戸
                0
                  神戸にてTRM

                  相手は関西の強豪SWH

                  ベストメンバーではなかったかもしれないけど全国の常連を相手にどれだけできるか

                  結果7対7の引き分け

                  入りは悪くなかった、守備も圧力があってカウンターでチャンスもあった。
                  なかなかチャンスをものにできなかったけど先制して一時は2点のリードがあった。そこで突き放せないのがまだまだな部分であり、得点チャンスもあったしもったいない。

                  正直、東海リーグでやってる時より相手のプレスはそこまで厳しく感じなくて、ハイプレやったけどポゼッションできる時間もいつもより長くできたと思う。しっかり判断して運んだり、パスできたり、ドリブルでかわせた時もあった。

                  練習でやってることが出せた部分でもあり、自信を持ってしっかり準備さえできれば相手のプレスは怖くない。
                  むしろ相手にプレスはまらないから引かせるくらいにしたいし、そこは当たり前にできなければ全国は厳しい。

                  まだまだ修正する部分はたくさんあって、ボールの失い方の悪さやイージーなミス、守備の受け渡し、セットプレーの精度、決めきる部分などある。

                  もちろん勝たないとダメな試合やったし満足はしてないけど。
                  ただ今回は手応えがあったし、この感覚は忘れず、また次へ繋げていきたい。
                  そしてリーグ、全日本でも同じように自信をもってできるように準備しないといけない。

                  残り少ない練習で時間を無駄にせず、常に自分を追い込むこと。
                  練習で100でできなければ試合で100出せるはずはない。
                  練習やから準備はボチボチやってるようなら試合でも良い準備はできない。できる限りのことはやるべき。
                  常に試合を意識して取り組む。


                  全日本の組み合わせも決まって、楽しみやけど危機感しかない。
                  負けたら終わり。

                  全国へ行くとゆう目標をひとつでも達成したい。
                  - | 20:55 | comments(0) | - | - | - |
                  ダービー
                  0
                    TRM

                    ヴェルデラッソ松阪

                    6対3勝ち

                    前半2対2で後半に追加点

                    全体的に見てチャンスも多かったし、相手に崩されてシュートまでは少なかったかな。

                    前半、失い方の悪さとセットプレーから失点したのは良くなかった。

                    失い方の悪さは攻撃が単調になってしまったこと。常に右アラからの一発に頼ってしまったし、ボールを運べなかったことで失ってしまったり、失点に関してはケブラしたところで潰されての失点やったかな。
                    その後の数的不利の守備の対応の仕方も自分やけど良くなかった。

                    後半になるまでにその辺は修正できたし、後半はボールも人も動いてシュートまでいけたから試合中に修正できたのは良かった。


                    この修正したことを忘れず繰り返さないように次からも取り組みたい。

                    ただ最後決めれないのは常に課題。
                    1つのパス、ドリブル、シュートの精度は高めないといけないし、簡単なミスは減らさないと見ていて面白くない。
                    でもいつもより裏へのパスとかは通せていたし、それがチャンスにも繋がっていた。
                    その一本がチャンスに繋がったり、逆にピンチになったり、当たり前のように大事にしないと。

                    自分たちのマイボールがすごく価値のあるものと考えればそんな簡単なミスをしたり失ったりしないようになる。
                    それくらいマイボールは大事にとゆうこと。

                    あとはこのTRMのように公式戦でも戦えるか。
                    TRMで勝っても公式戦で負けては意味がない。
                    開幕前に勝ってたのにリーグになって勝てない。それはその時にならないとわからんけど、そのために準備してきたはずなのにいつもより動きが悪かったり、冷静な判断ができないのは準備ができてないてことやと思う。練習から試合を意識したトレーニングができてないから。

                    もちろんどれだけやっても本番で勝てる保証はないんやけど、そのために常に準備するしかない。

                    最近よく言う、練習から厳しく。
                    常にプレッシャーを感じながらやることで本番でもいつも通り力を発揮できるようにしないといけない。
                    - | 20:40 | comments(0) | - | - | - |
                    TRM
                    0
                      リーグばかりやったのでTRMは久しぶり。

                      試すところは試して、勝負にはこだわる。
                      勝ちに行くのは当たり前。

                      結果
                      対サントス
                      3対2勝ち

                      対フェルベリーノ
                      6対6引き分け

                      カテゴリーの違いを見せるほどの闘いはできず、接戦となってしまった。
                      接戦でも勝ちきりたかったけど1勝1分。やはりこれが現状。

                      感じたのは準備や予測ができていない時にミスやピンチが起こる。

                      相手のボールの受け方、持ち方もうまかったけどそれに対して常に後手になっていてはいつまでもマイボールにならない。
                      どこかで予測して寄せて奪いにいかないと守備に圧がなく怖さもない。
                      相手はいい状態で受けようとする。でもどこかで隙はあるし1人目でとれなくても限定できれば、2人目3人目でとれることもできる。
                      連動することで次の攻撃にも繋がっていくし、全員がそれを予測して感じていないとそれはできない。

                      逆に攻撃時はそーならないように常に周りを見て準備しておかないといけない。
                      相手が取りに来るのをわかってるのに何気なくやってるとやはり手詰まりになる。
                      これも予測や次へのイメージをもってやってればそう簡単には失わないはず。
                      なにも考えがないならボールをもらわない方がいい。
                      何気なくケブラして受けて失うくらいなら無理に受けなくていい。そーゆうので失点に繋がるのも多いし、とられたカバーもしきれない。


                      自分のプレーに責任をもってやる。
                      とられたら全力で取り返さないといけないし、そーならない為にしっかり準備する。

                      当たり前のことなんやけど、それができないから今の結果にも繋がってる。
                      チームでマンツーマンでプレス行くと決めたならそれはやらないとだめやし、何気ないパスミス、キープしててとられて簡単にそれで失点に繋がってしまうのはよくない。
                      その原因がなになのかは考えるべきやし、体力的にきついなら交代すればいい。
                      出ている以上責任もってやらないと自分が後悔する。


                      そうならないようにやはりすべてにおいて常に準備すべき。

                      TRMでも勝ったら嬉しいし、やっぱり勝たないと楽しくない。

                      楽しむ為に勝ちたい。
                      - | 12:50 | comments(0) | - | - | - |
                      こんなもんです
                      0
                        7節

                        対ロボガト

                        3対9負け

                        前半で0対4

                        後半も0対6から得点したけど、最終的に負け。

                        試合中はなんとかして勝ちたい気持ちやったけど、振り返ると正直勝てる感じはなかったかな。

                        相手のハイプレスを回避できない。
                        足下につければ奪われる、裏にボールを蹴ればライン割ってく。マイボールの時間がない。
                        守備も引いて守って、シュートもうまかったけど打たれてたらダメやし、取られ方悪くて失点ももったいない。

                        まあこんなもんやなと。

                        戦術もくそもなく、ただただ地域リーグのレベルとは思えない力。

                        悔しさもあったけど、冷静にこのままやったら今後上位に入ることも厳しいし、降格も全然ありえるし、毎年この感じになってしまうのではないかとゆう危機感。

                        正直なんでもいいから、試合で結果を残せるようにチームも個人も準備はしやな勝てることはない。

                        試合に合わせて結果を残せば誰も文句は言わない。とゆーか言えない。

                        ただ現状フォースにそんな選手がいるかと言えばそれはどうか。もちろん自分も。

                        ストイックにと言えば走り込んだりとか筋トレしたりに考えがいってしまうけど、違うやり方もあると思う。

                        頭を使う、考えること。
                        相手をどうしたら崩せて、得点できるか。どう守れば相手は嫌なのか。

                        僕が昔いたチームはそーゆう所が優れてたのかもしれない。
                        あのチームのあのやり方ええからやってみよとか。
                        それを試合で実行して成功できる技術、判断も凄かったのもあるけど。

                        フィジカルトレーニングをしたら別にそこまで凄い選手はいなかったけど、試合になると走るし、長い時間ピッチに立つ。

                        それは結局はミスが少ないから。
                        そこには無駄がないし、自分の思うようにゲームが運べる時間が長いからそうできるんやと思う。

                        やから色んな努力の仕方があるんやと思う。それは個人で考えてやってほしい。でも試合で明らかに動けてないとかじゃ話にならんし今のような各個人のスキルではこの先厳しい。

                        技術のミスもあるけど、そもそも判断でミスをしてるのかなと。そんな場面が多い。パス受けた時点でハマるとか、ハイプレス来るのわかってるのにそーなるのは何も考えてないし、相手を見ていないから。

                        ミスは誰にでもあるけど、それが多すぎる。

                        相手を圧倒できるフィジカルをつけるか、相手を出し抜ける考え、技術をつけるか。
                        フィジカルを疎かにするわけではないけど、身につけないとだめなのは考え、技術。

                        他のチームより走れる力はあるはず。
                        それだけでは勝てないのはもう何年も前からわかってるはず。

                        おそらく各個人思うこともあると思うけど、このまま終わるようなチームではないと思ってる。

                        調子が悪い時とゆうのは誰でもチームでもあるけど、現状これが実力やと受け止めて這い上がる。

                        それがまた面白いところでもあるけど、それにはチームがバラバラではだめやし、1人がやってるだけでもだめやし、各個人のやり方はあるけど最終的なベクトルを合わせないといい方向ににはいかない。
                        - | 22:20 | comments(0) | - | - | - |



                        CALENDER
                        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << March 2020 >>
                        PR
                        SELECTED ENTRIES
                        ARCHIVES
                        RECOMMEND
                        LINKS
                        RECENT COMMENTS
                        PROFILE
                        MOBILE
                        qrcode
                        OTHERS
                        Search this site.