JUNYA BLOG

Force Futsal Ise 10
クズは一生クズ
プレッシャー
0
    5節

    ヴェルデラッソ松阪

    2対3負け

    どのチームにも負けたくないけど、三重県のチームにはより負けたくない。
    練習試合では負けてなくても、リーグで負けたら意味がない。

    油断していたのか?
    そんなことはないはず。試合前にも確認した。
    なんなのか?

    最近思うことはメンタル的な部分が大きいのかと考える。

    練習や練習試合では余裕あるプレーができるし、大胆な決断もできる。
    けど試合になるとなかなかそのようなプレーは少なく感じる。
    練習試合やから最悪負けてもいいとゆう余裕から思い切ったプレーができてるのか。
    試合になるとビビってしまって大胆なプレーができないのか。
    練習で10できてたとして、試合で10だしきれているか。
    結局練習でやったことを試合でやるわけで。
    しかし試合では実力を出しきれていないのか。

    どれだけいい準備をしても試合でできなければ意味がない。
    自分自身いい歳になってきて、毎年が最後になるかもしれないとゆう危機感もあるから負けた言い訳はしたくないし万全の状態で試合に挑みたいから色々我慢したり、考えたりする。

    それが結果に繋がっているかと言われたら現状結果には繋がってない。
    そんなストイックにやる必要もないのかもしれない。

    人には人の調整の仕方もあると思うし。
    試合で結果を出せるならそれはそれでいいのかもしれない。


    答えはわからんけど、自分自身結果が出てないから何を言っても説得力はないけど。

    自分は間違ってないと言えるようにしたい。

    負けているのは自分の責任でもある。
    誰のせいかと言われれば自分なんやと思う。

    決めていれば、守れていればとゆう局面もある。
    常に試合には使ってもらってるし、そこで結果を出せていないことに言い訳はない。
    これが自分の実力。

    各チームのエースはやっぱり試合を決める活躍をしてる。

    まだ終わったわけではない。ギリギリ全国へも食い込めるかもしれないし、残留争いになるかもしれない。

    わからんけど、やるしかない。

    - | 23:13 | comments(0) | - | - | - |
    自分で
    0
      4節

      オブラプリマ、3対3のドロー

      開始早々に失点してしまい、すぐに追いついて後半逆転。

      しっかり守備して、追加点も狙いつつこのまま試合を終わらせたいところやったけど、残り3分で立て続けに2失点。
      パワープレーで追いついたけど、そのまま終了。

      また勝ちきれなかった。

      うーん

      どの試合も確実に勝っていかんと、全国は厳しい。

      過去の振り返りを見直すが書いてることは大体一緒のような。

      成長していないことはないやろうけど、この繰り返し。

      わかってるけど、なかなか難しいし口では簡単に言えるけど実際はうまくいかない。

      やから、おもしろいのもあるけど。
      思い通りのプレー、得点した時、勝った時のあの瞬間を味わえるように。

      次こそは絶対に。
      - | 23:53 | comments(0) | - | - | - |
      厳しさ
      0
        3節

        ナスパ四日市に1対3で負け。

        相手の実力は認めるし強い。

        でも勝てた試合だったと思う。

        チャンスをものにできるか、できないか。

        そこの差もあるし、ミスはフォースの方が多かった。

        正直フォースは技術的に他チームより劣る。構えられた守備に対して崩すよりも仕掛けられても我慢して守備してカウンター。そのフットサルがどうかはおいといて、勝つ為に我慢して走って数少ないチャンスをものにするしかない。

        試合後の話ででた、練習から厳しさをもってやらないと試合でもその一つのミスが命取りになる。

        それは確かにと思った。

        ギャング時代、シュート、パスの決定機にミスると鬼の形相で怒られた。
        全員がそうではないけど、そう怒ってくれる人がいて、それをフォローしてくれる人もいた。
        その辺のバランスも大事なんかな。

        まあスーパーな人やったし、リスペクトしてたから怒られても納得してた部分もあるけど。

        各チームで色もあるし、すべてが当てはまるわけでもないから難しいとこやけど、ひとつ言えるのは人に厳しく言うことによって自分も言った以上のことを体現して示さないといけない。
        それによって自分もレベルアップするし、言われた方も負けじと頑張れる。
        もちろんそこにはリスペクトがあっての話で。

        この負けを受け入れるしかないんやけど、腹たちすぎて1日たってもイライラする。

        あえて切り替えない。


        悔しいからオレはやる。
        - | 21:57 | comments(0) | - | - | - |
        2節
        0
          連敗だけは絶対に避けたい。

          ハマると抜け出せないし、去年のようにはなりたくない。

          2節の相手は大和撫子。

          ここ何年か負けてないし、相性はいいのかな。言うても去年全国ベスト4やし実力はあるし油断は禁物。

          結果4対0で勝ち

          コーナーから先制して、結構守備の時間が長かった。
          なんとか耐えて第2PKをものにできて、パワープレーも凌いでカウンターで追加点。

          周りから見れば美しいフットサルではなかったかもしれんけど、しっかり守備を頑張って少ないチャンスをものにした勝利。

          修正しないといけない所はあるし、まだまだ成長しないといけないけど、試合は結果がすべて。

          僅差でも大差でも負けは負けやし、勝ちは勝ち。

          とにかく勝ち続けること。

          それしかない。

          このチームでもうひと花咲かせたい。
          3節の相手はナスパ四日市

          去年は一度も勝てず。春のチャレンジカップでは勝ったけど、相手はベストではなかったからあまりリベンジしたとゆう感じではなかったからここで絶対返したい。
          去年、ナスパから加入したメンバーには申し訳ない気持ちでいっぱいやった。
          それは移籍して古巣と対戦した人間にしかわからん感覚かもしれんけど、その気持ちは自分はわかるし、そのことは忘れてない。
          チームとしても同じ三重のチームに負け続けることはこれ以上したくない。

          その為にしっかり準備したい。
          - | 16:10 | comments(0) | - | - | - |
          開幕
          0
            東海リーグ開幕

            遅くなったけど、振り返る

            開幕戦は去年と同じ磐田。

            結果1対7負け

            流れを掴めず自滅した感じもあったけど、相手に対して常に後手になっていた。警戒しすぎて相手を潰せず、いい形でボール奪取できないからカウンターも発動できない。

            ピヴォ当ても出来ず、裏もねらえず、ハーフタイムに修正出来ず。

            完敗。
            でも10回やって10回負ける相手ではないと思うので、この借りは必ず返したい。
            負けは負けやけど、1点とれたことは良かったと個人的には思う。
            0で負けるのと1で負けるのとでは違う。
            次に繋がる1点とプラスに捉えて2節へ。
            - | 17:18 | comments(0) | - | - | - |
            選抜
            0
              選抜、また負けてしまった。

              でもかなりやってて手応えはあったし、内容的には勝っていたと思う。

              それでも負けたら意味はない。

              正直、理解できないジャッジやったけどこーゆうこともあるんやなと思っておく。

              いい流れで追加点をとれなかった事は事実。
              同点弾を取り損ねた事も事実。

              その中で不運なジャッジがあったのも事実。

              最高のメンバーでもう少し一緒にやりたかったけど、また来年やな。
              みんながもう一度集まってくれることを願う。

              - | 19:00 | comments(0) | - | - | - |
              全員で
              0
                開幕まで1週間

                その前に選抜大会

                フォースの活動と同様に僕はこの選抜は気持ちが入る

                ここ何年かは全国にも行けず、不甲斐ない結果ばかり

                世代交代して選手としては最年長になる
                なんとかして全国へ行きたい

                気持ち、球際、切り替え、走る

                まずそれをしっかりしてチームの為に頑張りたいし、どんな展開になるかわからないけど気を抜くことなく最後まで戦いたい

                強い三重県を取り戻す
                それを次の世代へ伝えていくこと

                その為に全員で一体感をもって戦う

                釧路へ行くぞ!
                - | 19:37 | comments(0) | - | - | - |
                平成
                0
                  GW

                  チャレンジマッチ三重

                  平成最後の戦い

                  ナスパ四日市
                  ヴェルデラッソ松阪
                  デウソン神戸
                  フォースフットサル伊勢

                  4チームのトーナメント

                  まず主催してくれたヴェルデラッソ松阪に感謝。
                  会場の準備から運営、審判団の方にも協力してもらい、公式戦と変わらない雰囲気でリーグ前にできたことは良かった。

                  1試合目は地域チャンピオンズリーグ準優勝、ナスパ四日市
                  結果4対3勝ち


                  決勝はFリーグのデウソン神戸
                  結果3対2勝ち

                  ナスパには去年一回も勝てていなかったし、デウソンにも全日本で負けてたし、内容も大事やけど結果に拘りたかった。
                  リベンジやと勝手に意気込んで挑んだ。
                  相手もベストではなかったと思うけど、チームとしてもこの大会で今やっていることを試すこと、そして優勝することを目標として取り組んできて結果優勝できた。


                  2試合通してしっかり走れたし、守備も積極的にできたし、なにより全員で強い気持ちで戦えた。
                  まだ修正するところはたくさんあるけど、しっかりとしたベースはできてると思う。

                  個人的にも、ナスパ戦の先制点とデウソン戦の先制点と決勝点。
                  得点をとれたこと、絡めたことは良かった。
                  まだ決めれるところもあったから満足はしてないけど、得点は常に意識したい。
                  あとは守備で1対1、受け渡しのズレは修正しないと一瞬の気の緩みで失点に繋がってしまう。
                  逆にいい守備をすれば、いい攻撃に繋がる。
                  得点の半分以上はいい守備からカウンター。

                  継続していきたい。

                  開幕まで1ヶ月ちょっと。
                  やっぱ優勝や得点した時のあの瞬間はなんとも言えない感覚で気持ちがいい。
                  これやからやめられないし、あの瞬間の為に頑張れる。
                  なんとしても今年は結果を残したい。
                  そのためにしっかり準備しよう。

                  そして来年も是非この大会は開いてほしい。
                  - | 23:50 | comments(0) | - | - | - |
                  TRM
                  0
                    新シーズン初めてのTRM。

                    相手はギャング。

                    結果30分ハーフで6対2、20分ハーフで4対0。

                    TRMでも結果には拘ろうと話してのこの結果は良かったと思う。
                    失点2はもったいなかったし、まだまだ決めきれるところはあったからそこは満足してはいけない。

                    いい守備で奪ってからのカウンターで出れてたし、逆に相手のカウンターに対して頑張って戻れていたし、体も張れていた。
                    チャンスの時、ピンチの時、そこの切り替えの速さで勝負が決まることもある。
                    相手より1歩速く出れるかでチャンスは大きく変わるし、食らいついていけるかでピンチを防ぐこともできる。

                    全体的にそこで相手より勝っていたのは良かった。

                    今取り組んでいる形をみんなしっかり意識してやっていたし、狙い通りのプレーもあった。
                    まだまだやけど継続していけば良くなっていくと思う。

                    ただ形に拘るのではなくて、その形の中で相手の守り方を見て良い判断できるようにしたい。
                    外でやり続ければ中が空いてくる瞬間があるし、パスと見せかけて突破できる場面がある。
                    常に相手の逆をつけるように味方、敵の動きを見てその瞬間を狙ってほしい。

                    個人的にもトータル4得点。
                    セットプレーからとこぼれの1点とあとはいい守備してからのカウンター。
                    試合前に言われたのは今はメンバーは決まってないしアピールする時。
                    今季はメンバー争いも激しくなりそうやし、実際この試合みんな良かったと思う。そこで結果を出す、違いを見せないと出場時間は少なくなるし出れない可能性はある。
                    そーゆう危機感は常に持っていないとダメやし、オレがエースやと、オレに任せろと言えるようにしたい。
                    点がとれないと勝てないし個人的にもそこは拘りたい。


                    おっさんでもまだまだしぶとく食らいついて行きたい。
                    - | 12:20 | comments(0) | - | - | - |
                    オン
                    0
                      昨シーズンお疲れさん会も終わり、良い仲間、良いチームだなぁと再確認し再出発。

                      ただ忘れてはいけないことは2年連続崖っぷちに立ってしまったこと。

                      上を目指して入団したきた選手、腐らず支えてくれた選手、スタッフ、サポーター、スポンサーの思いに応えられなかったこと。

                      繰り返したくてなった結果ではないけどなってしまった。みんなそうやと思うけど、こんな思いはもうしたくない。
                      その為にどーするのか。
                      そこは前から言うてることやけど、なにか変えていかんと変わらん。
                      それぞれ基準の生活があって劇的に変わるかと言えばそれは難しい。
                      少しでいいからみんなが意識して変えればその少しは絶対意味があると信じる。

                      練習に来る時間を少し早く来る、週に一回家で自主トレする、酒やタバコを減らすとか、プレー以外のことやけど変えれるところはある。

                      もちろんプレーでも昨シーズンと同じことをしてたらいかん。

                      一歩でも速く動けるようにとか、寄せれるようにとか、細かいところではあるけど少しでも変えていきたい。
                      それが絶対結果に繋がるかはわからんけど何か変えないと次に繋がらないのかなと思う。

                      退団、残留、入団などほぼ決まってきてチームは始動。

                      毎年この時期は走ってるけど、今季もまずは走る。
                      そこがベースとしてないと勝てない。
                      ボール奪った時のカウンター、奪われた時の切り替え、相手への寄せ、相手よりひとつふたつ速く動き出せるように体を作る。
                      そしてプレーを成功させる技術の向上。
                      まずは仕上げていきたい。

                      みんなで全国へ行こうと決めた。
                      今季も上を目指して入団する選手もいる。
                      その熱い思いが自分のモチベーションにもなるし、裏切りたくない。

                      かつて自分もそーゆう立場の時しっかり引っ張って全国へ導いてくれた先輩方がいた。

                      選抜でもチームでも今度は自分が導く立場。

                      しっかり取り組んでいきたい。

                      - | 17:10 | comments(0) | - | - | - |



                      CALENDER
                      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECOMMEND
                      LINKS
                      RECENT COMMENTS
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      OTHERS
                      Search this site.